tokyo
    
FX 情報 リンク
 スワップ金利一覧
 前日の4本値
 $・ユーロ為替相場予想
 売買比率
 IMM円先物ポジ・$/¥

FX 資料請求はこちら
DMM FX


ひまわり証券


みんなの FX


株式会社MJ


sponsored links
FX 最強マニュアル
new entries
categories
各国経済指標
世界時計


リアルタイム・レート一覧
バナー
FXレートの動き


■各国経済指標カレンダー

others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

21日為替相場

東京為替相場 21日10時現在          

 1ドル=93円07銭〜93円08銭  

  前日比 −0円23銭


 1ユーロ=124円83銭〜124円88銭  

  前日比 +0円33銭


外為市況=円は93円台前半 04月21日 05時37分

 20日の外国為替市場の円相場は、93円台前半。

米金融大手ゴールドマン・サックスなど、米主要企業が本日発表した決算がおおむね好調だったことから、米景気の先行きに対する懸念が和らいだことに加え、カナダ銀行が本日の金融政策決定会合で政策金利を据え置いたものの、強気の景気判断を示したことでカナダの金利先高観が強まり、地域的連想で米金利も上昇したことから、ドル買い・円売りが先行し、円相場は1ドル=93円台前半での推移となっている。

ユーロはドイツの景況感改善やギリシャ国債の入札好調などを背景に、一時はドルに対して強含んだが、その後にギリシャ支援計画が実行されるには時間がかかるとの見方が強まったことから押し戻されている。

at 10:40, FX-初太郎, FX 情報分析

-, -, pookmark

19日為替相場

東京為替相場 19日13時現在

 1ドル=91円98銭〜91円99銭

  前日比 +0円61銭
 

 1ユーロ=123円83銭〜123円84銭

  前日比 +1円51銭


ブラウン英首相は18日、英BBC放送の番組で、米証券取引委員会(SEC)に訴追された金融大手ゴールドマン・サックス(GS)を「倫理の破綻」と批判し、監督機関の金融サービス機構に特別調査を指示したことを明らかにした。

ロイター通信などによると、ドイツ政府も法的措置を講じる構えで、欧州でGSへの攻撃が一気に表面化した。ブラウン首相は「この倫理の破綻にショックを受けている。恐らく最悪の事態の一つだ」と語った。

GSは、信用力の低い個人向けのサブプライム住宅ローン関連の資産を裏付けとした債務担保証券(CDO)の販売で、投資家に重要情報を隠したり誤った情報を伝えたりしたとして訴追された。

GSは財政危機に陥ったギリシャの債務隠しにかかわった疑惑が持たれており、欧州連合(EU)も調査を検討。欧州には、GSから購入したCDOで多額の損失を被った銀行も多く、銀行が個別に訴訟を起こすケースもありそうだ。

at 13:19, FX-初太郎, FX 情報分析

-, -, pookmark

15日為替相場

東京為替相場 15日10時現在

 1ドル=93円36銭〜93円37銭

  前日比 +0円10銭
 

 1ユーロ=127円44銭〜127円51銭

  前日比 −0円07銭


 外為市況=93円を挟んだレンジ取引 04月15日 05時29分

14日の外国為替市場の円相場は1ドル=93円を挟んだもみ合い。

欧州株が強いことや、3月の米小売売上高が事前予想を上回ったこと、さらに米企業の決算が好調だったことも重なって世界経済の回復期待が浮上した。

これらを受けて、リスク選好が戻るかたちとなり、ドル買い・円売りが優勢となった。
 
しかし、バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が議会証言で「長期に渡って低金利を維持する」旨を発言。米国の早期利上げ観測が後退したことからドルは押さえられて、円が買い戻されるかたちとなり、1ドル=93円を挟むかたちの推移となっている。

at 10:13, FX-初太郎, FX 情報分析

-, -, pookmark

14日為替相場

 東京為替相場 14日10時現在

 1ドル=93円31銭〜93円36銭

  前日比  −0円08銭


 1ユーロ=127円29銭〜127円31銭

  前日比  −0円53銭


 外為市況=93円台前半 04月14日 05時36分

13日の外国為替市場の円相場は1ドル=93円台前半。 
2月の米貿易赤字が予想以上に拡大したことで、資産の逃避先として円が底堅く推移した。また、米インフレ指標も緩和したことを材料に挙げる向きもあった。 

その他の材料としては、ギリシャの国債入札の応札倍率が前回から大幅増加したことで、ユーロが対ドルなどで底堅く推移した。その一方で、「次の入札ではこれ以上買いづらい」との思惑や、オプションに絡んだ売買で勢いが押さえられるかたちとなった。 

その後、これらの売買が一巡すると株価動向に不透明感があることなどで、通貨全般はもみ合う恰好となり、地合いを引き締めていた円相場も93円台で浮動する展開となっている。

at 10:50, FX-初太郎, FX 情報分析

-, -, pookmark

13日為替相場

為替相場 13日10時現在

 1ドル=92円96銭〜92円98銭

  前日比 +0円48銭
 

 1ユーロ=126円19銭〜126円21銭

  前日比 +0円95銭


外為市況=慎重姿勢戻り、ユーロは上げ幅を縮小 04月13日 05時30分

週明け12日の外国為替市場の円相場は1ドル=93円台前半。

先週末にギリシャ救済支援策の詳細が決定されたかたちとなったが、これを受けてギリシャの財政不安が後退すると市場は捉え、ユーロ買い・ドル売りの動きが続いた。

しかし、ドイツのスティーグマンズ政府報道官が、ギリシャ支援を実施する場合には、「欧州連合(EU)全体ではなくユーロ圏加盟国の首脳による決定が必要となる」旨を示したことで慎重姿勢が戻り、ユーロは上げ幅を縮小した。また、短期的に行き過ぎたとの見方や、ポジション整理などもみられた。

ドルは対円でも売られるかたちとなったが、売買が一巡して小動きとなっている。

at 10:14, FX-初太郎, FX 情報分析

-, -, pookmark



Google Sitemaps