tokyo
    
FX 情報 リンク
 スワップ金利一覧
 前日の4本値
 $・ユーロ為替相場予想
 売買比率
 IMM円先物ポジ・$/¥

FX 資料請求はこちら
DMM FX


ひまわり証券


みんなの FX


株式会社MJ


sponsored links
FX 最強マニュアル
new entries
categories
各国経済指標
世界時計


リアルタイム・レート一覧
バナー
FXレートの動き


■各国経済指標カレンダー

others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

FX 通貨の重要性(2)


(2)世界のお金は米ドルを中心に動いている

デイトレなどの短期取引では、流動性が十分あることが条件なので対ドル取引が都合がいいでしょう。また為替相場はやはり米国の政治経済情報で動くことが多くあります。その時にユーロ/円ポジションや豪ドル/円ポジションを持っていてもせっかく大きく動く情報が流れても反応しにくくなります。

例えば米国失業率が大幅悪化すればやはりドル/ユーロ、ドル/円、ドル/NZドルなどのポジションを持っていれば情報をすぐに活かせます。

しかしユーロ/円のポジションなら、売っていいのか買っていいのかわからないですね。もちろんNZの財務大臣が「NZ/円は高すぎる」と発言することもあることはありますが、数としては滅多にないことです。どこの国の財務大臣もまず対ドルで為替相場を考えているんですね。NZドル/スイスなどの相場についてはほとんどといっていいほど発言しません。

ということで短期で頻繁に売買する時は対ドルでやるのが都合がいいということです。長期的なポジションは対ドルでもいいですが、さまざまな通貨ペアも利用できます。ただ流動性は対ドルと比べれば落ちるので、利食いでも損切りでも慌ててポジションを解消する時は少し時間がかかるかもしれません。

NZ ドル/円のポジションを造成したり解消する時で、流動性が不安な時はNZドル/米ドルとドル/円で別々に取引してから合成することは銀行のディーラーではよくやることなのです。個人のFXでも行うことができますが、それぞれ証拠金を別個に使用する不便さはあります。さてそういうことを踏まえて今回は先進国通貨の特徴を取上げていきましょう。

at 11:49, FX-初太郎, FX を学ぶ

-, -, pookmark

FX 通貨の重要性(1)

 世界の主要通貨の特徴と注意点!

業者によっては50種類以上の通貨ペアを扱っているFX取引ですが、これだけたくさんの通貨があるとどの通貨ペアで取引すればいいのか悩んでしまいます。そこで今回は取引通貨の選び方と、FXの主要通貨の性格について説明したいと思います。

(1)どの通貨で取引すればいいのか

FX取引で誰もが最初に考えるのが、「どの通貨(ペア)で取引するか」です。
一般に、日本人にとっては円/ドル、円/ユーロあるいは円/豪ドルなど円を絡めるのがわかりやすいでしょう。外貨預金などは自己資金である円をドルなどの外貨に投資するからなので、外国株、外国投信、外貨債券なども手持ちの円を外貨に換えるのが普通だからです。日本人にとって親しみやすいのは円と外貨との相場です。

しかし、世界の外国為替相場はドルを基軸として、世界各国の通貨はまず対ドル相場で取引されているのです。ドル/円、ドル/ユーロ、ドル/豪ドルなどの自国通貨とドルとの取引がまず基本になります。豪ドル/円の相場は豪ドル/米ドルとドル円の相場から計算して出しているのです。

豪ドル/ドルが、「1豪ドル=0.93米ドル」の時、「ドル/円=1ドル102円」なら、豪ドル/円=0.93×102 → 1豪ドル=94.86円となります。

基軸通貨ドルとの相場が、流動性が円と他国通貨の相場より厚いと考えていただければいいでしょう。ユーロ/円などは取引量が次第に大きくなっていますが、豪ドル/円や NZドル/円、南アランド/円は、対ドル相場とドル/円相場で計算して提示されるため、豪ドル/円相場という相場は常時、流動性が厚いものではないのです。

最終的に顧客取引をカバーする銀行のディーラーは、顧客の豪ドル/円の取引を豪ドル/米ドルとドル/円の2つに分けてカバー取引をすることが多いのです。長期的なポジションを持つ時は売りでも買いでも、それほど一時的な流動性は気にならないので対ドルでのポジションでも対円でのポジションでもいいでしょう。


at 14:26, FX-初太郎, FX を学ぶ

-, -, pookmark

FX 三つの掟

 FX デビューは今だ!

三つの掟で失敗を防ぐ
FXは「foreign exchange」を省略したもの。今では「外国為替証拠金取引」を指す言葉としてすっかり定着しています。ざっくりと言えば「少ない資金で大きな為替取引ができる」のがFXの特徴。インターネットを通じて24時間自由に取引できる気軽さもあって人気が高まっています。

一方で、FXという名前は知っていても、聞きなれない専門用語や「ハイリスク」というイメージから敬遠しているひと、投資家の脱税報道やFX業者の破たんなどのダーティなイメージから距離を置いているひとも多いのではないでしょうか?

でも、事情は徐々に変わりつつあるようです!

ゼロから始まったFXの歴史!
FXの歴史は意外に浅く、日本で解禁されたのは1998年のこと。当時は、新たな取引であるFXを規制するためのルールが無い、取引のしくみやリスクについての情報が無い、FX業者自体の数が少なく選択肢が無い、というナイナイ尽くし。

ルールが無いので悪徳業者が横行したり、リスク説明が不十分で投資家が知らず知らずのうちに大きなリスクを背負ってしまったり、FX業者が破たんして証拠金が返還されないなどさまざまな問題が噴出しました。

そんな事情から、2005年以降FX業者は金融庁の監督下に置かれ、極端に財務体質の悪い業者が排除されることに。

FXにも新たな問題が!
ところが2007年に入ると、今度はFX投資家の脱税が話題に。2007年6月までの1年間に、なんと約224億円もの申告漏れがあったとされています。

さらにサブプライムローン問題の影響で為替レートの乱高下が始まると、大きな損を被る投資家や経営破たんに追い込まれるFX業者が現れ、リスク管理の甘さが顕在化。FXはまだまだ危うい取引だという認識を強めた人も多いことでしょう。

でも、さまざまな問題が表面化したことで、監督官庁の目は厳しくなり、投資家サイドでも対策が立てやすくなったという面もあります。もともとFX自体は、自由度が高く、コストが低いなどメリットも多い取引。そこで改めて、賢く安全に利用する方法を考えてみたいと思います。

★掟その一 
レバレッジは抑えて、ロスカットルールを徹底
まずは、取引のしくみをきっちり理解することが大切。書籍やWebサイトの説明文を読むこととのあわせて、シミュレーションサイトを利用してみるのもオススメです。

特に手持ちの資金の何倍もの取引を可能にする「レバレッジ効果」は、利益を膨らませる一方で損失も大きくする諸刃の剣。「最悪のシナリオ」まで思い描いて、レバレッジは抑えておきましょう。

さらに、24時間動き続ける外国為替市場を把握するのは難しいので、あらかじめロスカット(損切り)ルールを設定しておくのが無難です。

★掟その二 
集中より分散
これはと思った通貨に、ここぞというタイミングで集中投資すれば、大きな利益を得られる可能性がありますが、成功し続けるのは至難の業。予想外の値動きへの対策として、いくつかの通貨に分散投資するのがセオリーです。

その際には、値動きの異なる通貨を組み合わせるのがポイントです。長期的な動きは、FX業者のHP以外にもYahoo!ファイナンスなどで確認することができます。

★掟その三 
業者選びは情報で
有利な手数料体系やレバレッジの高さをアピールするFX業者が多い中、ついつい見落としてしまいがちだけれど、本当に重要なのが業者の信用力。現在、金融庁がFX業者に対して経営状態や資産管理の方法などの調査に乗り出しています。

調査の結果に気を配るとともに、FX業者の自主的な姿勢にも注目したいところです。正確でスピーディーな情報開示は、投資家の信頼を得るためには欠かせません。各社のHPの充実度は1つのバロメーターといえそうです。

また、取引後に必要になる税金の知識を提供しているかどうかも大切です。多額の申告漏れも、税金についての知識を持たない投資家が多かったことが一因。投資家の立場で必要な情報提供をしてくれるFX業者を選びたいですね。

at 11:57, FX-初太郎, FX を学ぶ

-, -, pookmark



Google Sitemaps